敗残兵になりたくなければ寝る間を惜しんで情報収集

【2022年 水星逆行期間】1回目:5月10日~6月3日(牡牛座) 2回目:9月10日~10月2日(9月10日~23日天秤座、以降は乙女座) 3回目:12月29日~2023年1月18日(山羊座) 3回とも地のエレメントなので「経済観念、実際性、社会性」への注意が必要

まだ中国に投資する人がいて驚いているが・・・(最低限個人で投資するのは止めましょう)

www.youtube.com

独裁政権非科学的な行動を繰り返す社会に将来は見えない

隔離すると患者数から排除できるということは死んでもカウントされないということ

個人的には中国関連には一切投資しないことですね

 

日本企業の中でも中国に投資するところがありますが

そんな企業の株に個別投資するのも様子見です。

インデックス投資もちょっと様子見(真剣に投資することに躊躇する)

日本の株価上昇したら徐々に利確し現金化もしくは債権化(半分程度まで利確予定)

結局アメリカ一択になってしまうのだが、そのアメリカも利上げで株価上昇しにくい時期に突入

ハイテク関連(グロース株)は金利上昇すると下がるので下がったところで打診買い?

結論:真剣に投資再開するのは2023年以降になりそうな予感

   積立分は3分割投資継続中です。

   安値で買えるとワクワクしている。

   ⇒ワクワクすると、あまり下がらんかもしれない可能性がある。

   (ポジティブ思考が株価下落に歯止めをかける模様)

www.youtube.com

日本には独裁政権はないが、経済成長にマイナス思考な政治家ばかりですからね。

参議院選挙で自民党過半数割れすることにより、経済成長に舵をきる政権が誕生し経済成長するような気がします。(いつになったら経済成長が票につながることに気がつくのだろうね?政治家さんたちは・・・)

ただし野党が政権取ったら日本株は売りモードなので、自民党とまともな野党との連立政権が経済的にはいいかな?

www.youtube.com