敗残兵になりたくなければ 寝る間を惜しんで情報収集

【2022年 水星逆行期間】1回目:5月10日~6月3日(牡牛座) 2回目:9月10日~10月2日(9月10日~23日天秤座、以降は乙女座) 3回目:12月29日~2023年1月18日(山羊座) 3回とも地のエレメントなので「経済観念、実際性、社会性」への注意が必要

💖何故か当たる⁉️[超感覚タロット]💖VHのチャネリーディング🌟高次元メッセージ💖

www.youtube.com

近々あなたが知る真実

本質をずばり言い当てられている気がします

(個人鑑定でないのに、まるで個人鑑定レベルで言い当てられています)

本物のソウルメイトレベルのつながりを感じます。

形に拘らない活動。

一人の時間を大切に。

私にしかわからなくても、私が幸せならそれでいいじゃないかという感じ

どんな有名人でも最後は一人なんだよ。

他人がどうすることも出来ない。

 

※また繋がりが見えてしまった・・・

www.youtube.com

涅槃寂静(ねはんじゃくじょう, 梵: śāntaṃ nirvāṇaṃ)は、仏教用語で、煩悩の炎の吹き消された悟りの世界(涅槃)は、静やかな安らぎの境地(寂静)であるということを指す。

 

涅槃寂静(ねはんじゃくじょう) 「四法印」 本来、無常にして無我であるというこの世の理法を 体解(たいげ)するには、決して一般化をすることを許さない、まさしく個別の不安や苦悩と向き合い、その不安や苦悩を抱くことそのものが永遠の理法への反逆であるという自己否定によってのみ、到達することができるのです。そのために八万四千通りに展開されたといわれる仏教の教法の中から、我々個々の 機根(きこん)や状況に合致したものを、道しるべとして選び取るのです。 「四法印」と呼ばれる仏教の標語の最後は、そのような道程を経て得えられた、苦すなわち自我の滅却の境地を示しています。 サンスクリット語の「ニルバーナ」に起因する「涅槃」の語は、一切の煩悩の炎が吹き消された状態を意味します。生まれたら必ず死ぬという根源的な不安や苦悩を超越してみれば、そこにはただただ調和安定した「バラバラでいっしょ」とでも表現すべき「 生死一如(しょうじいちにょ)」「 自他一如(じたいちにょ)」の世界が開けます。 「涅槃寂静」なる境地を求めて、共に歩みを進めることが、仏教の本旨であります。(太) 

gakuen.koka.ac.jp

 

2021年の紅白見てて涙が溢れ出して止まらなくなったのはなぜだろう?

薬師丸さんの歌声が素晴らしかった点も当然ながら

別の何かがあると・・・

f:id:trauma2896:20220103191010p:plain

歌詞を見直したけど・・・繋がりを感じてしまったのだろうね

先日の北海道の件とシンクロしていると感じてしまったのだろう

(潜在意識が無条件に反応し、顕在意識で涙を流す形に)

歌はもう何十年も前のものなんだけど・・・未来予測・・・まさかね。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

----------

www.youtube.com

----------

上辺だけのソウルメイトやツインレイはすぐに化けの皮が剥がれるのです。

簡単に見抜かれています。(絶対的な嘘は見抜かれるという意味)

魂が許してくれないのです。

 

f:id:trauma2896:20220103132728p:plain

www.youtube.com