敗残兵になりたくなければ 寝る間を惜しんで情報収集

【2022年 水星逆行期間】1回目:5月10日~6月3日(牡牛座) 2回目:9月10日~10月2日(9月10日~23日天秤座、以降は乙女座) 3回目:12月29日~2023年1月18日(山羊座) 3回とも地のエレメントなので「経済観念、実際性、社会性」への注意が必要

【ベストセラー】「知らないと損する年金の真実 - 2022年「新年金制度」対応」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

www.youtube.com

 

予定利率が低すぎる現時点の年金型の保険だけはNGですね。

どうしても入りたいなら、予定利率が高くなってから。

(年金保険は入ったときの予定利率が続くため)

 

 

予定利率とは 企業年金金利低下で引き下げ5回目

▼予定利率 生命保険会社などが個人や企業に対して約束する利回り。確定給付型の保険の場合、保険会社は契約者から受け取った保険料をどれほどの利回りで運用できるか予測し、保険料を設定している。市場金利の低下に伴い予定利率は下がり続けており、今回はバブル経済が崩壊してから5回目の利率下げとなる。

企業年金の約款では市場金利の水準が下がった場合、金融庁への届け出で利率を引き下げられる。企業や団体から資金を預かる年金保険では、契約時に約束する利回りは1990年初めまで5.50%だったが、相次ぐ引き下げで2002年には1.25%まで低下した。企業年金の運用を任されている国内の生保は、おおむね同水準の予定利率を提示している。

”予定利率とは”より抜粋