敗残兵になりたくなければ 寝る間を惜しんで情報収集

【2022年 水星逆行期間】1回目:5月10日~6月3日(牡牛座) 2回目:9月10日~10月2日(9月10日~23日天秤座、以降は乙女座) 3回目:12月29日~2023年1月18日(山羊座) 3回とも地のエレメントなので「経済観念、実際性、社会性」への注意が必要

米軍が台湾に入っていることがSNSで暴露される

www.youtube.com

昔っから中国のお得意はブラフ(はったり)です。

威勢いいこと発言しますが、現実に打破されるとダンマリが多いです。

昔の日本のように、徐々に包囲網を狭めて言って中国側の暴発を待っているような気がします。 (この点は中国側も理解している=なぜ日本が負けたのか研究している)

アメリカ側の強気な理由はなんだろう?

レーザー兵器が密かに実用化しており、弾道ミサイルぐらいは余裕で撃破できるのかもしれません。

 

第一のレッドラインの解説を聞きますと、大東亜戦争前の「フライング・タイガーズ」を思い出しました。
シェン・ノートは、蒋介石に乞われて航空義勇軍のトップに成りますが、シナ人にいくら教えても操縦技術が上達せず,シェン・ノートから宋美齢に何度も言った「辞めさせて欲しい」の場面です。
C○Pは見よう見まねで高性能な戦闘機を作っていますが、人間の本質は変わりませんので、本当の戦闘に成ったならば米パイロットの敵では無い様な気がします。