敗残兵になりたくなければ 寝る間を惜しんで情報収集

【2022年 水星逆行期間】1回目:5月10日~6月3日(牡牛座) 2回目:9月10日~10月2日(9月10日~23日天秤座、以降は乙女座) 3回目:12月29日~2023年1月18日(山羊座) 3回とも地のエレメントなので「経済観念、実際性、社会性」への注意が必要

【トランプ大統領の勝ち】アメリカ株、さがったところで買い

日本のマスコミ、米国のマスコミとも、中国共産党犯罪組織から金でも貰っているのか、米国民主党贔屓の偏向報道が目立ちます。


米大統領選挙 勝者確定 決定的2つの理由

 

昨今、日本のテレビやニュースでは大統領選において「バイデン氏有利、トランプ氏劣勢」と、どのメディアでも判で押したように同じ論調なことに極めて強い違和感を感じていますし、その裏付けも非常に納得しづらいものが多いです。

 


【米大統領選投票日まで後わずか!「それでもトランプが勝つ理由」】熾烈を極めるアメリカ大統領選。世論調査ではトランプ42%バイデン54%とトランプ劣勢!でもこれ4年前と同じ状況だよね?てことは。。。


そんな制裁したら困るのは自分たちでしょ

どう見ても、バイデンは認知症です。


中国の国債投資が増加? バイデン認知症のサイン?

ジョー・バイデンが「認知機能低下」にあることは間違いありません


There is no doubt Joe Biden is in 'cognitive decline'

 オーストラリアの外国人編集者グレッグ・シェリダンは、ジョー・バイデンが自発的な状況で演じるのを見るのは不可能であり、認知機能の低下があったと結論付けないと述べています。それは、民主党の大統領候補ジョー・バイデンドナルド・トランプ大統領と元米国大統領ジョージ・W・ブッシュを混同していることを示すクリップが最近現れた後に来ます。「バイデンが認知機能を低下させたことは疑いの余地がありません」とシェリダン氏はスカイニュースのホストであるペタクレドリンに語った。

 

バイデンが勝つと思っているなら、この時期に最新型ミサイル配備なんかしない。


【台湾海峡両岸にズラリと並ぶミサイル群!台湾海峡で太平洋全域で米中一触即発!】太平洋全域で無法を続ける中国違法操業船を抑えるために米軍巡視船が西太平洋に出撃!台湾海峡両岸ではミサイル配備が加速!

 

 

ジョー・バイデン汚職スキャンダルとソーシャルメディア隠蔽工作

アメリカの通信社が非常に腐敗しているので、私たちアメリカ人はオーストラリアのような素晴らしい国のジャーナリズムに頼らなければならない。


SPECIAL REPORT: Inside Joe Biden's corruption scandal and the social media cover-up

 上院の特別調査では、大統領の希望に満ちたジョー・バイデンの息子が、ホワイトハウスでの父親の立場を利用して富と権力を蓄積した可能性があることが詳しく説明されています。国土安全保障と政府問題に関する上院委員会は、「ハンター・バイデン、ブリスマ、および腐敗:米国政府の政策および関連する懸念への影響」というタイトルの報告書を発表しました。スカイニュースオーストラリアは、ジョーバイデンがバラクオバマ政権の副大統領であった間に、外国企業における利益相反の可能性を調査するこの87ページの文書を分析します。報告書は、オバマ政権が、腐敗したウクライナのエネルギー会社ブリスマの取締役会でのハンター・バイデンの存在が、ウクライナとの「政策の実行」において「問題があり」そして「妨害された」ことを発見した。

 

「投票を変更できますか」の後に「投票者の反省」が検索された用語で急増


💥【10.27役情最前線】💥五中全会開幕;習近平は「後戻りできない道」を猛進💥欧米で中共ウイルス感染強まる💥バイデンのスキャンダルで💥世界から拘束中の香港人に声援

 


‘Buyer’s remorse’ in play after ‘can you change your vote’ surges in searched terms

SkyNewsの寄稿者であるLaurenSouthernによると、この選挙キャンペーンで最も多く検索されたのは大統領選挙討論会の最後の討論に続いて、投票者の波が「投票を変更できますか」と検索しました。選挙運動は、大統領選挙の残り10日未満で、最終段階に達しつつあります。民主党ジョー・バイデン候補は、すべての全国世論調査と多くの主要な州全体の世論調査で依然として重要なリードを持っていますが、大統領の選挙運動はCOVID-19からの回復以来動き始めています。ドナルド・トランプ大統領は、最初の討論よりもはるかに優れた業績を上げたと見なされ、バイデン氏との以前の討論よりも抑制しました。サザン女史は、ペンシルベニア州は、検索用語が「投票を変更できますか」であると述べた。

スカイニュースのホストであるローワンディーン氏は、米国の多くの州が事前投票を開始していることを考えると、バイデンの有権者は議論を目撃した後、バイデンに投票したひとは「反省している」ようだと述べた。


バイデン疑惑明らかに? ついにFBIが重要証人に事情徴収


米国ホワイトハウス幕僚長メドウズ長官が相次いで発言した

 

これが事実なら全力で報道しないように動くだろうし、現実にマスコミは報道していない。(一部メディアのみ報道)


ハンター元関係者証言 FBI調査開始 | バイデン家疑惑に更なる大物 オバマ氏登場  | ジャッキー・チェンとバイデン氏 | 米選挙残り一週間、宇宙から一票


バイデン一族に関わる黒幕とその証拠がますます暴露されており、その多くは中共との繋がりが強いと見られる